高齢者の暮らしの安心を実現。ホームロイヤーパートナー弁護士

高齢者の暮らしのご相談なら、横浜市上大岡の法律事務所、港南アール法律事務所にご相談ください

港南アール法律事務所

暮らしの安心をサポート あなたのホームロイヤーパートナー

ご相談予約はこちら

遺留分 遺留分減殺請求

 亡くなった方が遺言を残していた場合、その遺言に基づいて遺産は相続、分割されます。
 この遺言の内容をどうするかは、亡くなった方が自由に決めることが出来るので、不平等な内容の遺言でも作成するのは自由です。

 もっとも、配偶者、尊属、子どもには相続財産を一定の割合で確保できるよう、法律で定められています。これを遺留分と言います。
 この遺留分が侵害されるような遺言がなされたり、生前贈与がなされている場合、相続を受けた人、遺贈を受けた人に対して行使することができます。これを遺留分減殺請求権の行使と言います。
 これによって、相続財産の中から、一定の持ち分を確保することができるのです。
 当事務所では、遺留分が侵害されているかどうかの確認を行うと共に、遺留分が侵害されている場合の遺留分減殺請求権の行使のサポートを行っております。