高齢者の暮らしの安心を実現。ホームロイヤーパートナー弁護士

高齢者の暮らしのご相談なら、横浜市上大岡の法律事務所、港南アール法律事務所にご相談ください

港南アール法律事務所

暮らしの安心をサポート あなたのホームロイヤーパートナー

ご相談予約はこちら

電話での法律相談は対応しておりません

講演情報

横浜市片倉三枚地域ケアプラザ(横浜市神奈川区)にて開催された、「法律家とのピアミーティング2018」(第2回)に参加しました

2018年06月29日

2018年6月19日 片倉三枚地域ケアプラザ(横浜市神奈川区)にて開催された、法律家とのピアミーティング2018に参加しました。
今回も匿名化された事例を基に、話し合いを行いました。
高齢・独居の方で、知人に財産を管理してもらっているという方で、その知人の方が財産の管理の継続が困難になってしまったので、今後の対応をどうするか、ということを話し合いました。
ご親族と疎遠である場合、知人や近隣の方から援助をしてもらっているという方は一定数いらっしゃいます。
ご本人の判断能力がしっかりしていればいいのですが、認知症になってしまった場合、どのような根拠に基づいて管理しているのか説明が困難になってしまいます。
また、管理をされている方が、管理の継続が困難になってしまった場合にどのように引き継ぐのかといった問題も生じてしまいます。
そのため、このような方にはご本人自身に補助人などを選任申立を行っていただいたり、管理を委託したい方と財産管理・任意後見契約を締結していいただくことが考えられます。
ただ、ご本人が判断能力を失ってしまったあとは、親族の協力が得られなければ、区長申し立てなどを行ってもらう必要があります(ただ、区長申し立てについては、時間がかかると言われており、後見人などが選任されるまでの間、どうするかという問題が残ってしまいます)。
そのため、なるべく早めの対応をお勧めすること、後見制度のメリットについても積極的に説明することをお話しさせていただきました。
当事務所では、高齢者の方が安心して生活できるように、成年後見や相続に関する案件を積極的に取り扱っています。
上記案件については、「初回法律相談1時間無料」で対応しておりますので、お気軽にご相談ください。
ご相談はこちらから。